衛生管理が徹底している

安全性の高い色素を使用

女の人

眉の薄い人は、ペンシルやパウダーで時間をかけて書き足さねばならず、メイク時間も長引いてしまいます。また、汗をかいたり水に濡れたりすると、メイクが取れてしまい、人相の悪い眉無し顔になってしまう心配もあります。そのため、半永久的に摂れないアートメイクが人気です。しかし、メイク時間が短縮出来たり、水に濡れても落ちなかったりというメリットがあるものの、気に入った眉の形に出来なければ、後悔することになります。では、どのようなことを基準にアートメイクサロンを選べばよいのでしょう。最も重要なのは、サロンの衛生環境です。針や機械を使って、肌に直接色素を入れていくため、不衛生な環境では感染症などの心配も出てきてしまいます。肌につける部分は、使い捨ての部品を使っているサロンにしましょう。次に、施術例が自分の理想とする眉の形に近いことです。それぞれのサロンにおいては、得意とする眉の形状などがあります。一度色を入れてしまうと、なかなか取ることは出来ないため、こだわりを持って選びましょう。そして、安全性の高い色素を使っていることも大切です。深刻な肌トラブルなどを避けるためにも、FDA認定の色素を使っているサロンにしましょう。このような基準を満たすサロンは、安心してアートメイクができるお店と言えます。カウンセリングの時に、デザインやカラー、濃さなどを納得のいくまで話し合い、心から満足できるアートメイク体験をしましょう。

すっぴんでも綺麗なまゆげ

婦人

家にいるときやちょっとそこまで出かけるときなど、メイクを落としたすっぴんの状態だとメイクを再度行ったり眉をかくのが面倒だと感じる女性は少なくありません。そんな女性を中心に注目されているのが、医療機関で受けることが出来る「アートメイク」の施術を受ける方法です。このアートメイクは、別名メディカルアートメイクとも呼ばれており、眉や目元に針を刺して色素を入れていく事によりメイクをしていない時でも、綺麗な眉を維持することが出来る特徴があります。一見入れ墨と同じ原理だとイメージされがちですが、アートメイクは表皮の0.02〜0.03ミリというかなり浅い部分に色素を注入していく方法です。真皮に色素を入れていく入れ墨とは異なり、永久的に皮膚に色素が残るわけではなく徐々に色素が退色していくのが大きな特徴となっています。自然な色合いに仕上げるためにも、一般的にアートメイクを行う場合は3回に分けて少しずつ色素を注入していくため、仕上がりが不自然に真っ黒になることはありません。また、ナチュラルでアートメイクだとわかりにくい綺麗な状態になると、多くの女性に支持されています。なお、実際に肌に注入している色素は、日本の厚生労働省にあたるアメリカのFDAという機関で認定された安全な色素で着色をしているので、肌への負担が少ないと言われています。本来眉や目元に行うアートメイクは医師の元で安全に施術を行うことが大前提となっていますが、無資格施術を行う違法エステサロンなども増えているため、施術を受ける場合はきちんとした医療機関を利用する必要があります。

医療機関での施術方法

女性

アートメイクは眉に色素を入れて理想的なアイブロウを形成します。これはアートメイク用に開発された医療用の針と安全基準を満たす色素を用いることから医療行為とされているのです。その為、アートメイクは適切な医療機関で施術を受けることが大切です。このアートメイクの施術はカウンセリングからはじまります。カウンセリングでは経験が豊かな医療従事者がクライアントの要望を聞きながら理想的な眉の形状を提案するものです。また、アートメイクの特徴や衛生管理についての安全性も説明してくれるので、安心して施術を受けることが出来るのです。そして、皮膚の弱い方や皮膚疾患がありアートメイクの施術を受けることに不安がある場合、事前に皮膚と色素の相性を調べるテストを受ける事も可能です。これも医療機関ならではの配慮で、安全性に配慮した試みです。そして、アートメイクの施術は長くても一時間程度で終了し、その後は医薬品などを処方してもらい直ぐに帰宅する事が可能になるのです。施術自体にも痛みが少なく、幾つかの注意事項を守ればシャワーを浴びる事も可能です。この短時間の施術で理想的な眉を形成することが出来るので、女性の方に大変人気の高いものとなっています。そして、アートメイクの施術は複数回に分けて眉に色素を入れていく事が多い為、数週間後に二回目の施術を受けることになります。この際には三十分程度の施術となり、その後は継続的に美しいシェイプの眉を維持することが可能です。