医療機関の施術がお勧め

理想の形を実現する

女性

アートメイクとは、細い針で色素を肌に定着させるものです。色素の定着期間は短いですが、原理としては、タトゥーや入れ墨と同じです。色素の定着期間が短いといっても、最低数ヶ月、長いと数年は持ちます。そのため、毎日同じようなメイクを行う眉やアイライン、リップラインにアートメイクを行うのが近年人気となっています。注意しなければいけない点として、アートメイクは医療行為だということがあげられます。アートメイクというネーミングから、医療行為には感じにくくなっていますが、体に針を刺す行為であるため医師が在籍する医療機関でしか行えません。エステや美容院などで行った場合、万が一のことがあっても保証がきかないことがあるので、必ず医療機関で行いましょう。皮膚科や美容整形外科などがアートメイクメニューを行っていることが多いです。また、眉に行う場合は、納得できる形を決めることが重要です。眉はアートメイクの中でも人気がありますが、失敗してしまうと目立つ部分でもあります。一回施術すると最低数ヶ月は消えないので、納得できる形を決めておきましょう。流行っているからといって濃いめの太眉にしたり、カラーを独特なものにしたりすると、後から変えたくても変えられません。なるべくオーソドックスな形で入れる方がよいでしょう。また、アートメイクをしていると検査や手術の際に影響があることがあります。使われる色素が機器に反応するためです。そのため、そういった機会があるときはきちんと申告しましょう。

美容整形を利用しよう

ウーマン

女性に欠かすことが出来ないアイテムに化粧品があり、化粧品にも様々なものがあります。肌を綺麗にみせるファンデーションや目元を女性らしく見せるアイメイク化粧品、表情を左右する眉をデザインするアイブロウと化粧品は多種多様となっています。ですが、化粧品はどれも汗や水などで消えてしまうものです。特に眉はほとんどの人がアイブロウでデザインしており、消えてしまうと困るという女性は少なくありません。そのため、若い女性から人気を集めているものにアートメイクがあります。アートメイクは針を用いて施術箇所に染色していくため、タトゥーとは違うものです。痛みもほとんどないので、初めての人でも安心して利用することが出来るでしょう。眉のアートメイクは基本的に美容整形外科で受けることができ、料金もリーズナブルとなっているので学生でも手軽に利用することが可能です。眉にアートメイクを施すことで汗や水で消えることがなく、プールや海、温泉も安心して楽しむことが出来ます。また、数年経つとアートメイクは消えてしまうのですが、それまではメイクの時短を図ることも出来るでしょう。眉の形や細さなど、時代によってその時流行りのものがあるため流行りに合わせたいという場合でもアートメイクは安心して利用することが出来るのです。アートメイクは眉以外にもリップライン、アイラインにも施すことが可能です。すっぴん状態でも常に綺麗に見せたい場合、眉だけではなく併用してアイラインやリップラインも施術してもらうと良いでしょう。

水で洗っても落ちない

レディ

眉は顔全体の印象を左右する重要なパーツであるため、多くの女性が毎朝かなりの時間をかけて入念なメイクをしています。しかし最近では、そうした手間を大幅に省くことのできる美容術が普及しています。それがアートメイクです。アートメイクは安全な色素を針で皮下に直接注入し、眉の形を整えるテクニックです。唇の輪郭を整えるのに用いられることもあります。原理はタトゥーに似ていますが、タトゥーよりも浅いところに色を注すので数年たつと自然に色が落ちてきます。アートメイクは法令上、医療行為の一種ととらえられているため、美容外科や美容皮膚科などの医療機関で医師の監督のもとに施術を受けることとなります。インターネットで検索するとアートメイクを取り扱っているクリニックがたくさんヒットするので、料金や口コミ等を参考にしながら自分の通いたいところを選び出し、電話やメール等で予約申込をします。施術に際して特別な準備は必要ありませんが、クリニックでは必ず事前にカウンセリングが行われ、どんな眉にしたいかという点について尋ねられます。そのため、自分がなりたい眉の色味や濃さ、シルエット等についてあらかじめ大まかなイメージをつかんでおくようにします。また、施術時の痛みには個人差がありますが、体調不良時には通常よりも痛みを感じやすいと言われています。そのため、施術前日は休養や睡眠をしっかりとり、コンディションを整えておくようにします。