頭皮トラブルに悩むなら湯シャンを続けてみよう!

女性
このエントリーをはてなブックマークに追加
婦人

女性らしさを維持する方法

女性ホルモンを増やすには、ストレスを取り除いて自律神経を整えなければなりません。自律神経が整うとホルモンバランスも上手く調整されます。女性ホルモンが減少するとムダ毛が目立つようになったり髪のコシが無くなったり脂症になることもあります。体型ではくびれが無くなりますのでサインを見逃さないことが大切です。

寝具

安眠で健康を維持

安眠するためには自分にあった寝具を選ぶことが重要になります。特に睡眠時の姿勢を保つためには、マットレスの選び方が重要です。沈み込んだ時の反発が大きい高反発マットレスであれば、寝返りのサポートや姿勢の維持に役立つため、安眠することができます。

シャンプーなしでも美髪に

洗髪

頭皮環境がよくなった

湯シャンとは、シャンプー剤を使用せず、お湯だけで洗髪することを言います。最近では、お湯だけで洗う人が増えてきています。芸能人の間でも、湯シャンをされている人はたくさんいます。シャンプーをしないと、頭皮がべとつく、フケが気になる、臭いが気になるといった声をよく聞きます。しかし、実践していくうちに、だんだんとシャンプーがなくても慣れてくるようになります。湯シャンをしている人の多くが、頭皮のフケが減った、髪の毛が太くなった、抜け毛が減った、首まわりの湿疹が減った、髪のきしみが減ったなどの効果を挙げています。アトピー体質や、肌がデリケートな人にも、湯シャンは大人気です。人間の皮膚や頭皮には、お湯だけでも汚れは落ちます。

自分に合った洗髪を

湯シャンを続けていくと、3日目あたりから頭皮がべとべとしてきます。シャンプーしたくなるのを我慢して、湯シャンを続けていくと、ある時期から頭皮のべたつきが気にならなくなってきます。このまま頭皮や髪に異常がない人は、湯シャンに向いていると言えます。しかし人によっては、洗わないことにより、吹き出物が出たり、フケがいつもより多く出るといった人は、3日に一度はシャンプーをしたり、自分に合ったペースで湯シャンをしましょう。また、お風呂に入る前に、しっかりブラッシングをしましょう。ブラッシングは、頭皮の汚れを浮かせてくれます。お湯の温度は高いほど、肌や頭皮の油分や汚れを落としやすくしてくれます。季節や自分に合った湯シャンをしましょう。

寝室

高さと素材選びが大切

理想の枕は高さと素材の選び方が決め手になります。高さは高過ぎず低過ぎない3センチから5センチのもので、通気性の良い素材の枕が理想の枕です。もし枕選びに迷ったら、現在一番気になる症状に合わせて専用の枕を選びましょう。首のしわ専用枕や安眠用枕など、様々な専用枕が開発されているので安心です。